家庭用 3Dプリンター アーモンド
> >

サポート材の使い方

サポート材を使うときは、ソフトウェア設定画面で、Support typeを None から Everywhere に変更します。

※サポート材とは?・・・出力物の空間を埋めるために使う部分のことで、すべて出力後に取り除きます。空間の大きさによっては、サポート材がないと湾曲してしまう場合があります。デメリットとしてはサポート材を取り除くときにバリができます。バリは手で大まかに除去した後に、サンドペーパーなどで削り取って下さい。

サポート材のサンプル写真↓

360度冷却ファン(特許出願中)でサポート材が不要

ノズル部の冷却ファンから送られてくる風が、ノズルを取り巻くように360度方向から当たる設計になっています。そのためフィラメント樹脂が抽出の直後に安定して固化するため、他社の3Dプリンターだとサポート材が必要な場合でもアーモンドでは不要です。アーモンドの印刷クオリティーを上げている大きな特徴のひとつです。

※オーバーハング部(中空に浮いている部分)がある造形物を印刷するとき、品質に差が出る。↓

360度 ノズル

動画

     
Copyright(c) 2007-2014 アーモンドの日本総販売代理店アイコスモス All Rights Reserved.